NEWS & BLOG

新着情報

建売住宅・注文住宅の メリット・デメリットとは?

建売住宅・注文住宅の メリット・デメリットとは?

家づくりを検討されている方で迷われるのが、「建売住宅にするか?注文住宅にするか?」ということです。

建売住宅はすでに建てられている住宅を購入すること、注文住宅は間取りやデザインを1から決めて建てる住宅のこと。建売は既製品のスーツ、注文はオーダーメイドのスーツと捉えればわかりやすいかもしれません。

建売住宅のメリットは現物を見て買えるから間違いが少ない、トータルの費用がわかりやすい、早く住めるということです。 一方、コンセントなどの位置や収納の使い勝手、デザインが自分の理想と合わないこともあるというデメリットもあります。

 

注文住宅のメリットは自分の理想をカタチにできることです。好きなデザインの家、自分にとって使い勝手が良い家が実現できます。 また、住宅会社と密にやりとりをするので、その後も継続したお付き合いができ、困ったことがあれば何でも相談できる住まいのパートナーになってくれます。

一方で、定価がないので建築費が高いのか安いのかが、わかりにくいということがデメリットです。 事前に現物が見られて費用もわかりやすいけど、自由度が低い建売住宅。自分の好きな家が建てられて、入居後の安心感も高いけど、費用がわかりにくい注文住宅。

 

Close up woman hand working of Architect sketching project on blueprint at site construction work. Concept of architect, engineer in the office desk construction project

それぞれにメリットとデメリットがあるので、比較した上でどちらにするかを決めましょう。

イワナミは注文住宅を多く手掛けている会社です。 専任の担当者が家づくりをサポートしますので、理想のお住まいを実現できるようご提案します。お客さまとは末永くお付き合いさせていただくので、アフターフォローも万全です。

注文住宅は「費用がわかりにくい」という弱点に関しても、窓一つの価格から見積もりをご提示しているので安心いただけています。建物だけでなく、家づくりトータルの資金計画も細かく設計いたします。 イワナミであこがれの注文住宅を実現してみませんか?