スタッフブログ

広報担当 自己紹介

冬場の室内干しも楽々♪家事室はいかがですか?

2021/01/07(木) 家づくりコラム

こんにちは!広報担当の中林です。

 

自由設計、注文住宅の家のいい所は、理想のライフスタイルに合わせて使いやすい家をつくれること。

「どんな間取りが使いやすいかな?」と考える際のヒントになるのが、今暮らしている家で感じている小さなストレスです。

例えば・・・

「洗濯物を取り込んだあと、畳んだりアイロンがけをするのが面倒」「寝室に部屋干しするのでいつもかび臭い…」なんて悩みを抱えているなら、新しいマイホームには家事室を作ってみてはいかがでしょうか?

家事室、ユーティリティルーム、ママコーナーなど、色々な呼ばれ方をしている家事室。

洗濯だけでなく、料理、掃除片付け、テレワークなどなど、忙しい皆さんが家事を効率的に進めるための工夫が詰まったスペースです。

一口に家事室と言っても、タイプは色々。今日は3つのタイプに分けて間取りや特徴をみていきましょう。

 

  • キッチン併設型

朝ご飯の準備をしながら洗濯機を回したり、夕飯のカレーを煮込む間に洗濯物を畳んだり・・・。毎日の家事はながら作業ですすめるのが効率的。

そんなときにやっぱり便利なのが、家事室をキッチンの近くに配置して、行き来しやすい間取りにするスタイルです。

 

  • 洗濯動線重視型

大家族でとにかく洗濯物が多い!というご家庭や、洗う・干す・収納するまでを1ヶ所で済ませたいという効率重視タイプさんにオススメしたいのが、こちらの「洗濯動線重視型」。

室内干しスペース、洗濯コーナー、タオルやパジャマ・下着類などをしまえる収納スペースが1ヶ所にまとまっているので、洗濯にまつわる家事が楽チンに。壁付けの乾燥機を備え受けることもおススメです。

 

  • アトリエ・書斎型

テレワークをしたり、趣味を楽しんだり・・・。そんなちょこっと作業ができるデスクが欲しいという方には、ママの書斎としても使えるコーナーを作ったアトリエ・書斎型の家事室はいかがでしょうか?

家計簿付けや子どもの連絡帳のチェックなど、何かとパソコンや書類を見る時間は多いもの。せっかくなら、家事室にもこうした作業ができるスペースを作れば一石二鳥です。

 

家事室も、ライフスタイルや何を重視するかによってタイプ色々。皆さんは、どんなタイプがお好みですか?

もっと自分たちに合った家事室プランを考えたい!という方は、お気軽にイワナミまでご相談ください。

 


イワナミの家づくりに興味のある方は、
お気軽にお問い合わせください。 

 

記事一覧

1ページ (全48ページ中)

ページトップへ